写真提供:石川県観光連盟

地元金沢の近海で水揚げされた蟹を使った蟹料理を
自宅でもお楽しみいただけるような商品をお届けします。
冬の金沢でしか味わうことができなかった味覚をご自宅で。
そのまま食べても、おでんやお出しと一緒でも。


地元金沢の味を、ご自宅までお届けします。

香箱ガニとは、金沢冬の海の味覚の
王様!!ずわい蟹の雌で、蟹身だけ
でなく、蟹味噌や外子がたっぷりの
カニのことです。

少し小ぶりの蟹を丁寧に捌きカニの甲羅に内子、外子を詰めて、その上からカニ足で蓋をした商品です。

蟹面というと、香箱がにを使ったもの
が有名ですが、大名茶屋では、紅ズワ
イガニも蟹面にしました。

目利きの料理人が選ぶ紅ズワイガニを新鮮な状態で調理するため採れたてのジューシーな美味しさをそのまま楽しめます。

大名茶屋では、発送当日の朝茹で・未冷凍の
新鮮な状態でお届けしています。
20年以上蟹料理に携わる当店の職人が、
その魅力を引き出す技量をもって一品ひと品
丁寧にご用意している商品も大変人気です。

金沢港直送の繊細で上品な旨味をしっかりとご堪能いただける加能蟹は、11月7日から3月20日が蟹漁解禁期間になります。

大名茶家では海洋深層水4トンの大型水槽にストックしている為、4月までのご予約が可能です。 茹でたての美味しさは格別です。

能登沖の水温の低い水深500mの海底で育つことで、繊細でやわらかな身に甘味と旨味が蓄えられ、とろけるような食感と風味が味わえます。

紅ずわい蟹の中でも身がたっぷり詰まった上ランクを船から直接仕入れている為、いつでも変わらず確かな質をお届けいたします。

冬の味覚であるずわい蟹のメスである香箱蟹。一見小ぶりですが、味はずわい蟹より美味と言われています。中でも、お腹にあるオレンジ色の卵巣(内子)は

大変珍味で、カニ味噌と一緒に食べることで旨味が倍増します。金沢港で仕入れる香箱蟹は内子がたっぷりと詰まっており、出汁がでるほどの味の濃さもまた魅力の一つ。蟹好きにはたまらない逸品です。

黄金蟹とは「ずわい蟹のオス」と「紅ずわい蟹のメス」のあいの子の蟹で1,000匹~2,000匹に1匹くらいしか水揚げされない貴重な蟹です。

本来別々の水深で生息する「ずわい蟹」と「紅ずわい蟹」が稀に自然交配される事で誕生する、超希少品の幻の蟹です。身は甘くて瑞々しく、クリーミーなカニみそが特徴です。

ご注文に当たって

上記にあります収穫時期の中でも、仕入れによって在庫がない場合がございます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

当店の注文の流れ

icon

-->
上質な蟹をご自宅で WEB予約

最上部へ